少年が着ぐるみに変身!? 奇想天外な物語『グレイプニル』

加賀谷修一には誰にも言えない秘密があった。

いつからか、犬の着ぐるみの姿をした「バケモノ」に変身できるようになってしまったこと。

ある日、その力を使って、火事の建物から同じ高校に通う少女・クレアを救い出した。ところが、彼女に正体がバレてしまい、弱みを握られることに。それをたてに、彼女は修一にあることを要求する。

修一と同じような「バケモノ」となり、自分たちの両親を殺して失踪した実の姉を探すように――と。

犬の着ぐるみに変身する少年修一と、彼を“着て”戦う最強美少女クレアがタッグを組む、奇想天外な物語がいま始まる。

ということで『グレイプニル』を紹介します!

みどころ

着ぐるみ少年と、それを着る少女という設定

ありふれた日常を夢見る修一が、いつからか着ぐるみのバケモノに変身できる体となってしまった。どうして僕はこんな姿に変身してしまうのか? 思い悩む修一。

修一と同じ力を持ち、両親を殺した姉を探しているというが、死んでも構わないとどこか達観した雰囲気のあるクレア。

背景に謎を抱えた二人が出逢い、弱みを握られた修一がクレアに脅されるようにして、行動をともにすることになります。

そんな中、別のバケモノの急襲を受け、共闘する二人。バケモノの力を持つけど使いこなせない着ぐるみ姿の修一を、格闘センスや判断力に優れたクレアが着て、戦うというぶっ飛び設定!

どことなく「ジョジョ」のスタンドを彷彿とさせます。

どことなく破滅感の漂う異色のバトル漫画

そうやってさらに非日常へと足を踏み入れてしまった修一、

自分がどうしてこんな体になったのか……
これからどうなるかもわからない。

変身したまま元に戻らなくなったら
誰かを傷つけてしまわないか

怖いんだ……
何もかもわからなくて

と思い悩みます。対してクレアはこう語ります。

そんなに変身するのが怖いのに、
私を助けてくれたのね。

修一の不安を拭い去ることも私にはできないわ……
それに多分、これから起こることはもっと辛いこと

だから1つだけ約束してあげる
あなたの身に何かあったときは、
私も一緒に死んであげる。

目的は、「バケモノ」の力を悪用するものが現れないように、その秘密を追うこと。クレアの姉を見つけ出し、彼女の狙いを明らかにすること。

やがて、バケモノの力に深く関係している謎のコインの存在が明らかになる。すべての謎を解くカギとなる、そのコインを集めるため、修一とクレアは危険地帯へと足を踏み入れる――。

そんなどことなく漂う破滅的な雰囲気や、先の読めない展開が「エヴァ」のようで。突拍子もない設定と少しずつ提示される謎に引き込まれて、あっという間に読み終わってしまう、不思議な魅力をたたえた作品。

詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA