浮気性のあたると一途なラムちゃんが大暴れ『うる星やつら』

宇宙人である鬼族が地球侵略を仕掛けようとしていた。しかし、武力で地球を手に入れるのはあまり簡単すぎて面白くないので、鬼族代表と地球代表が戦い、負けた場合はおとなしく帰ると宣言した。

その勝負とは「鬼ごっこ」。

地球の命運をかけたそのゲームに地球代表として選ばれた高校生の諸星あたるは、最初こそやる気がなかったものの、幼馴染で恋人の三宅しのぶの「勝ったら結婚してあげる」の言葉で、俄然やる気に。鬼族代表のラムを追いかけ始める。その際、発したしのぶへの「勝って結婚じゃあ~」という叫びを、自分への求婚と勘違いしたラムは、鬼ごっこのあとも諸星家に住み着いてしまう。

かくして、女たらしの諸星あたると、押しかけ女房のラムを中心に、多彩なキャラの暴れまわるSFコメディが幕を開けるのだった。

というわけで『うる星やつら』を紹介します!

みどころ

① サブも含めて個性的なキャラ

見どころは何といっても登場人物!

世界でもまれにみる浮気性の諸星あたると、「ダーリンとうちは夫婦だっちゃ!」と激しい電撃攻撃で迫るラムちゃん。この二人が結ばれるか結ばれないかというラブコメなのですが、その個性が濃すぎて全く先が読めない(笑)。浮気性のあたるの行動から、SF、妖怪、幽霊、伝奇、スポーツ、冒険、格闘と何でもありの展開に広がり、ナナメ上からギャグが降り注ぐ。意外性のある物語です。

出典『うる星やつら』

サブキャラの個性も強烈! 男性・女性それぞれに美形キャラがいますが、何かしら欠点があって、むしろ魅力的に見えてくる。

そして、それらの個性がぶつかって続発する、常識を超えたスペクタクルな珍事件! ずっと飽きさせません。

② 魅力的なヒロイン

さて、突然の「魅力的なヒロイン」のコーナーに選ばれたのは、やっぱりラムちゃん。実は連載開始時はゲストキャラだったけど、その後主役キャラクターとなった経緯があります。ちょっとした勘違いから、あたるを「ダーリン」と呼ぶほど、一途に惚れこみます。

虎縞模様のビキニとロングブーツがトレードマークですが、当初は「ショートヘアでビキニ」タイプと「ロングヘアでミニワンピ」タイプの2案が存在し、最終的に折衷案になったんだとか。

無邪気で人見知りをしない。天真爛漫な美少女ですが、ハチャメチャな性格が台無しにすることも。まさに愛すべきヒロインなのです!

牛に嚙まれて鬼の角が牛の角に変わっちゃったラムちゃん。
一人でこっそり牛になる覚悟をしていました。
出典『うる星やつら』

詳細情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA