感情描写がヤバい!ドロドロの恋を描く『クズの本懐』

美男美女カップルとして、周囲から羨望の眼差しを浴びる安楽岡花火と粟屋麦。理想的な男女交際に見える二人には、誰にも言えない“ある秘密”があった。二人には、それぞれ別に好きな人がおり、お互いのぬくもりに好きな人の姿を重ねて慰め合う“契約上の恋人”だったのだ。

これは誰よりも純粋で誰よりも歪んだ純愛ストーリー。

ということで『クズの本懐』を紹介します。アニメ化・実写化と飛ぶ鳥を落とす勢いの本作ですが、漫画もスゴイです。最初に読んだときは、読んでいる最中ずっとドキドキしっぱなしという稀有な体験をしました(笑)。とんでもない作品です。さて、みどころですが――

みどころ

まずは下図をご覧ください。主要キャラの人物相関図ですが、もう何だかとんでもないことになっていますね(笑)

人物相関図

そもそもなぜ、花火と麦は契約上の恋人なんかになったんでしょうか。2人とも高校の教師に恋をしています(ちなみに花火は好きな鳴海先生のことを「お兄ちゃん」と呼んでいます)。しかしながら、その教師同士が両想い(?)で、自分たちの想いが到底届かないことを知っていた2人が、ある日こういうことが起きてしまいます。

「お兄ちゃん」だと思ってみれば? って麦は言った

ビリビリした。あたま、あついよ

突き離せなかった
「麦を」じゃない
麦を通して見たお兄ちゃんを

ほんとに初めは
ただ、ふざけただけ
それがやめられなくなっただけ

こうして契約が成立するのです。ルールは、①お互いを好きにならない。②どちらかの恋がもし成就したら関係は終わり。③お互いの身体的欲求はどんな時でも受け入れる事。これについて花火はこう回想しています。

一人が寂しいなら
寄り添ったっていいじゃないか
遂げてみせるよ
クズの本懐

すごいですね A^^;)

ただ、ここまでならまだよかったんです。もう一度、上述の人物相関図をご覧ください。まだ、やけに絡まってます(笑)。中には、女性同士の怪しい矢印もあったりするんですが、ここで厄介なのは、一人でやけにたくさんの矢印を出し入れしている皆川茜先生です。その中に「弄び」という青い矢印がありますね。

彼女は学生の頃、友達のみよちゃんから自分にだけ「斎藤くんが好き」と打ち明けられます。みよちゃんは彼女を信頼していたんですね。ところが、その友達の想いを知りながら、斎藤くんにさりげなくちょっかいを出して、みよちゃんが見ているところで、斎藤くんから自分へ告白させてしまいます。その時、彼女の頭にあったのは――。


異性に“異性”として見られるのは息をするより簡単なので
あまりに容易いので
つい試したくなっちゃう
ごめんね

その時、私の中に産まれた感情は
罪悪感じゃなかった
薄っぺらい優越感でもなかった

という考えだったそうです((((;゚Д゚))))

そんなわけで、花火が想いを寄せる鳴海先生も手玉に取り、花火の目の前で自分へ告白させて、

  

と優越感に浸っていたのでした((((;゚Д゚))))

こんな感じで、ほんとにキャラ造詣が凄いんです。ただ、現実離れしているかというと全然そんなことなく、「ああ、これに近い人っているかもなあ」と思わせるところが本作の魅力。さらに絵もうまいし、ストーリー構成もうまいし、お見事でした! 高校生の時に読んだら、凹んで立ち直れなかったと思います!

(コマ画像 出典『クズの本懐』)

詳細情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA