ちょいワル猫ちゃんとの愛すべき日常『新久千映のねこびたし』

新久千映さんが実際に飼われている「せんちゃん」は、甘ったれ、噛みぐせ、どんくさい、おおざっぱ、食いしん坊なネコちゃん。人間のやることなすことに興味津々で、部屋の中では暴れ放題。

そんなせんちゃんと、実家の先輩ネコ「のんちゃん」、自宅の後輩ネコ「つぶちゃん」も加えた、ネコ的ハードボイルドな日常を描く。

甘えん坊で暴れん坊なせんちゃん(出典『新久千映のねこびたし』)

ということで『新久千映のねこびたし』を紹介します。ウチにもネコがいますが、ほんとに皆性格がまったく違う。そこがまた面白いですね。

暴れん坊な「せんちゃん」

作者が連れ帰ったせんちゃんは好奇心旺盛。人間のやることなすことすべてに興味を持ち、甘えんぼな子猫です。

ただし、曰く「ひどい乱暴者でもある」(作者)一面をお持ちでいらっしゃいました(笑)。部屋中駆け回り、誰彼かまわず噛みついて、部屋にやってきた業者さんの頭をネコパーンチ!

でも、やっぱりキュートな姿に作者はメロメロです。

基本ネコあるある話ですが、ネコたちの異なる「個性」が見られるのも猫好きにはたまりません。

業者さんにネコパーンチ!(出典『新久千映のねこびたし』)

その他にもネコ多数

せんちゃん以外にも実家にはのんちゃん、途中からは自宅に義理の妹つぶちゃんも参加します。この2匹との関係性も面白い。

のんちゃんは人見知り、猫嫌い、身体能力が高くて、そんなのんちゃんをせんちゃんは大好きなんだけど、のんちゃんからは冷たくあしらわられる。というか、全力で逃げられたり拒絶される(笑)。それでもめげずに、のんちゃんが座っていた場所の匂いを嗅いで悦に入るせんちゃんがめちゃくちゃ可愛いです。

のんちゃんんは嫌われている模様(出典『新久千映のねこびたし』)

詳細情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA